逆浸透膜のウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーの中には加工された水を使っているものがあります。
その代表的なものがRO水と呼ばれているものです。

RO水とは、逆浸透膜によって純粋にしたものを指します。

逆浸透膜とは、簡単に言うと非常に細かい穴の空いた膜で、水分子しか通しません。
つまり逆浸透膜を通すことによって、水分子のみを得ることができますから、純粋な水を作ることができるのです。



これは非常に優れた技術で、完全に純粋な水を手に入れる事ができ、水不足の国で活用されていることもあります。



純粋と言うことは有害な物質を除去することができますから、安全性は非常に高いと考えられます。

しかしながら、ウォーターサーバーではミネラルを補給できると言うことや、ミネラルによって味がまろやかになるというメリットがあるわけですが、純粋であればミネラルが含まれていないというデメリットがあります。

このため、最近ではRO水にはあとからミネラルを添加しているものも多くあります。

天然水が人気を集めているようですが、加工された水も人気を集めています。


過去されていることが安全性が高いと言うことも理由の一つとしてあげられます。



ウォーターサーバーを導入する理由の一つが安全性でしょう。



安全性の高い水を飲みたいという人は多くいるのですが、そのためには加工された水のほうが適していると考えられます。



このようなことからRO水を使ったウォーターサーバーが良いという人も多くいるのです。

http://www.jaaww.or.jp/
http://www.jta.or.jp/sub_index/hikkoshi.html
http://www.urabandai-inf.com/live/